ダーツが上手くなる為に:練習前の意識


ダーツの練習をするときにどのようなことを気にしていますか?

何回メドレーしたか?カウントアップで何点だしたか?それとも何時間投げたか?って気にしていませんか?
そういうのは確かに重要なんです。
でも、それよりも重要なことがあるんです。

練習前にちょっと意識を変えるだけでもっと効果的な練習ができるとしたらやってみたいと思いませんか?

練習前にあることを意識をすると、どんな効果があるかというと『自信』 がつきます。
自信がつけば試合中に緊張をコントロールできます。
アレンジの1本・Finishの1本が入るようになります。
そんなことができるようになったら嬉しいですよね〜
でも意識を変えれば、できるようになる為の一歩を踏み出すことができるんです。

じゃあ何をどうやって意識を変えればいいんだ!!

簡単です、練習前に『今日は□□を○○回やると決める』 ことなんです。
決めたことを実行したという成功体験を積むことによって自己効力感が高まり自信に繋がります。
自己効力感とは:何かをやるときに『これならできるかも』『成功する気がする』って感覚のことです。
小さな成功体験がいつか大きな自信に繋がります。
例えば今日は

  • カウントアップを○○回する。
  • ハットトリックを○○回出す。

など時間をかければできることに設定します。
初心者の人はブルに○○回入れる。1〜20までのシングルを○本づつ入れるなど、本人の実力に応じて設定します。

※注意事項:率・%で設定しちゃダメです。
例えば

  • カウントアップでLOW-TONよりハットの数を多くする
  • ブル率○%・トリプル率○%以上を打つ

などです。
率・%で設定してしまうと、設定レベルによっては達成できないことがあるからです。
途中で達成ができなそうなになると諦めて、練習をやめてしまったりするので・・・
設定はあくまで 時間をかければ達成できることにすることが重要なんです。
その日に決めたことが実行できたらあとは自由に練習しましょう!!
ちなみにミックさんは東京時代は毎日練習前にハットトリック100回をするということを日課にしていました。
すごく簡単なことなので今日の練習から早速、□□を○○回すると設定してみませんか?
友達と投げる場合はお互いに今日はこれをやるって伝え合うのもいいと思います。

参考になる過去投稿