プロダーツツアーの賞金をあげるために個人で、できること・・・

前回の投稿(こちら)で遠征費の話を書きましたが、じゃあ収入はどうなんだということで調べてみました。

調査の条件

団体:JAPAN Ladies(perfectはG1・G2の計算が面倒だったので・・・)
年度:2015年

2015年度のJAPANLadiesの獲得賞金額はこちら

年間ランキングで1位で獲得賞金額の合計が5,145,000円・・・・
日本トップと呼ばれる順位でこの金額は多いのでしょうか?
諸経費を引いたら、4,000,000円以下・・・
まだまだミックさんより私の方が稼いでそうだからよかった!!
賞金だけをみると『夢がある競技』とはまだまだ言えないのが現状だと思います。
ちなみに女子ゴルフ2015年度の賞金女王イ・ボミ選手の獲得賞金額は『230,497,057円』でダーツの45倍・・・
さすがゴルフ!!歴史と市場規模がまったく違うので・・・しょうがないです。(ゴルフの市場規模は1兆5千億くらい。)
プロ活動で得られる収入は賞金+スポンサー+イベントがメインになるので、どう考えてもほとんどの選手が赤字・・・

本題のどうやったらツアー賞金額UPができるのか?

やはり、一般企業がツアーのメインスポンサーになってくれないとダメなんだろうなぁ〜
メジャー競技は、いろんな企業が選手スポンサーだけでなく、ツアー・大会などのスポンサーになっているので一般企業にどんどんアピールしていかないと・・・
ツアー全体のスポンサーじゃなくても、1大会だけのスポンサーを募って副賞をだせないのかなぁ?
そしたら、本戦優勝・エキシビジョン優勝・予選一位通過・予選最高スタッツとかいろんな賞が作れそう。

どうやったらスポンサー候補企業は興味を持つんだ?

一般企業が大会スポンサーになることを検討するには、魅力的なツアーになることが重要ですよね。
社長がPDCの大ファンで日本からPDCチャンピオンを作るためにスポンサーになる!!みたいな夢物語があればいいのですが・・・それは確率が低すぎますね・・・
運営の方々はもちろん努力をしていると思いますが、ツアーを魅力的にするために、まずは個人ができることを地道にすることも重要だと思っています・・・

魅力的なツアーに個人単位でできること!!

  1. 強くなる
    • やはり強くないと見てもらえないし魅せられない。なので強くなることが最優先!!魅せるプレーは強くなってから!!
    • サッカーもJリーグができて実力が上がったからこそ、ワールドカップの予選が盛り上がるし、テニスの錦織さんも世界ランキングで上位になったから見てもらえるように!!
  2. 見られることを意識
    • 美しい所作ができれば、それだけで好感度も上がります。背筋伸ばして立ってきちんと礼をする。
    • 姿勢が良いだけでスマートに見えて目立てますからね〜。お辞儀がキレイにできるだけも『おっ!!』ってなりますからね。
    • せめて大会会場にいるときだけは、意識を高く・・・
  3. ダーツの魅力を知ってもらう。
    • FB・TW・BLOG・インスタなどのSNSや新聞・ラジオ・地方雑誌などで積極的に情報発信してまずはダーツにプロがあるんだとたくさんの人に知ってもらう。
    • そして興味を持った企業・人物を見つけたら、コンタクトをとる。ダーツの魅力を伝え続ける(個人スポンサーになってくれるかも・・・)
どんどん稼げる競技になってもらって、ミックさんにたくさん働いてもらって鈴木家を楽にしてもらわないと・・・