『もっと褒めてほしい』という前に準備してほしいこと。

褒めるのが苦手・・・・

「全然、人のこと褒めないよねぇ」とか「褒めらると伸びるからもっと褒めてほしい」と言われたことありませんか? 私はたくさんあります・・・褒めるの苦手・・・
でも、いざ頑張って褒めてみると「そんなことありません」「私なんて・・・」と言われます・・・
私の勇気を振り絞って言った『褒め』を返してほしいもんです!!

今回は褒めらる力について考えました。

突然、褒められる力と言われても何を言っているんだろう?と思いますが、説明していきます。
ミックさんによく『私は褒めたら伸びるんだからもっと褒めてほしい』と言われます。
でも、いざ褒めると『心がこもってない・・・』『裏がありそう・・・』『急にどうしたの?』のようなことを言われます。
そのように言われるとこちらとしてもだんだん褒めることをしなくなる悪循環が発生します。
この悪循環を断つために褒められたら伸びるという人はまず、褒められる準備をしよう

褒められる準備ができていない人が多すぎます・・・

褒めることも褒められることも苦手な人がたくさん・・・
コーチングの本や記事を読んでいると、 『褒めることが重要である』とよく見かけます。
でも褒めることが苦手な人はすごく多いと思っています。
私自身も人を褒めることがすごく苦手です。
でも人から褒められることもすごく苦手なんです(慣れていない?)・・・
私も褒められると『社交辞令でしょ?』『本心かなぁ?』『そもそも恥ずかしい・・・』と自分自身で勝手に思い込んでいました。
そんな中、知ったのが『褒められる力をつける』でした。

褒められる力を身につける為に実践したい1つのポイント

褒められたら、まずは『ありがとう!!』と褒め言葉を受け入れよう。
褒めたのに否定されると『あれ?自分のセンス・思い・考えは間違っているのかなぁ?』と感じてしまい、褒めにくくなってしまいます。
褒められた人は、謙虚?奥ゆかしさ?あるいは本心?なのかも知れませんが、恥ずかしくてもまずは『ありがとう!!』と言ってみましょう。

『ありがとう』というとどうなるのか?

褒めた人が喜びます。なのでもっと褒めてくれるようになります。
『褒めのサイクル』をうまく回すことができるといいですよね~
褒められると伸びるあなたならきっと、もっともっと伸びるはず!!
まず簡単にできる、 人に褒められたらありがとう!!と言いましょう。

まとめ

褒める側も伝え方の努力が必要だし、褒めらる側も準備が必要だと思う。
私も褒められたら、ちゃんと受け入れるようにしよう。
なのでもっと褒めてくれてもいいですよ。